AZ-900

【AZ-900】現役エンジニアがガチで勉強して受験してみた

【AZ-900】現役エンジニアがガチで勉強して受験してみた

どうも、フリーランスエンジニアのMakotoです。

Azureの入門資格試験であるAZ-900ですが、ネットで検索してみると未経験や非エンジニア、駆け出しエンジニアの方を中心とした受験体験記がHITします。

未経験者であれば1~2か月、経験者であれば1~2週間程度で合格できるイメージを持っていましたが、中には未経験でも1~2週間で合格されている強者もいらっしゃるようです。

この記事では、現役エンジニアがガチで勉強して臨んだ受験体験記を元に「ココが大事だな」と感じたポイントをお伝えしていきます。

前提と結果サマリ

  • Azure実務経験2年
  • 2020年にAZ-103合格
  • 学習期間は2か月
  • スコアは842点
AZ-900 試験結果

満点取るつもりで挑んだんですが、、全然ダメでした。笑
のちのち”人に教える”前提で用語やサービスを一つずつ自分の言葉で整理しながら進めたので受験までに2か月かかりました。

AZ-900を受験しようと思ったきっかけ

Udemy受講生やエンジニア転職を目指している後輩から相談されたことがきっかけです。

Azureの資格取るならどれから受験するのが良いですか?
AZ-900受験しようと思うのですがオススメの教材ありますか?

私自身、Udemyでハンズオン中心のAzure入門講座の動画を販売していますが、資格対策の講座ではないですし、Azure資格の全容を把握しているわけでもなかったので、それなら自分で勉強して受けてみよう、ついでに資格対策のコンテンツも作ってみよう、ということで動き始めました。

ちなみに、2020年にAZ-103を取得した時は学習時間ゼロでいきなり受験しましたが、これは試験範囲が実務に近しい内容ばかりで自信がありました。いっぽうで、AZ-900はちゃんと勉強してから望まないと合格する自信はありませんでした。しばらくAzureの実務からは離れていましたし、ぶっちゃけ、かなり知識が偏っているので。

学習教材

通称「黒本」
最初にこれをざっと読みつつ、要点を自分ノートにまとめました。
評判が良い書籍だけあって、とてもわかりやすいです。

Udemyの模擬試験がどんなものか試しに解いてみました。やっぱり問題解かないとなかなか記憶に定着しないです。全部は解いてないですが、試験対策としては有用だと思います。

公式ドキュメントと併用しつつ、Microsoft Learnもななめ読みしました。経験上、公式ドキュメントよりも図解が豊富だったり、説明がわかりやすい場合があるので、触ったことないサービスを中心に読み込みました。

Microsoft Learnについてはこちらの記事でも紹介していますが、個人的にAzure入門者が初めて学ぶ教材としてはオススメできないと考えています。

【2022年最新】AZ-900試験の難易度は?受験方法と試験対策まとめ
【2022年最新】AZ-900試験の難易度は?受験方法と試験対策まとめどうも、フリーランスエンジニアのMakotoです。 AZ-900はMicrosoft社の資格試験の名称で、クラウドの特徴やメリット...

受験してみた感想

試験時間は45分、出題数は37問くらいだったと思います。がっつり勉強して臨んだので当然スラスラと問題を解いて20分ほど残して終了しました。

試験レポートを見ると6分野で一つも100%になっていないので、少なくとも6ヵ所間違えたということなのでしょう。。自信ないところが3か所くらいだったので、間違えても1、2問かな?という感触だったので結果を見て非常にショックでした。

感想としては、書籍と問題集を併用して学習すれば十分合格できると思いました。逆に言うと、書籍だけではなかなか難しいと思います。問題集だけ買って用語やサービスはネットで調べるという手もありますが、初学者にとってはハードルが高い気がします。

どのベンダー資格試験でもそうですが、やはり数問は

なにこれ、見たことない・・・

みたいな問題が出ますね。笑

実務を見据えるとココが重要

試験に合格するためには問題を何度も解いて、ある程度パターンを暗記してしまえば十分に合格できると思います。これはAZ-900試験に限った話ではありません。

AZ-900は入門者向けの資格試験ですので、Azureをまったく触らなくても合格することは可能です。ただ、この先実務でAzureを利用する機会があったり、中級資格を目指すのであれば特に次の内容が重要だと思いました。

  • 可用性ゾーン、可用性セット、SLA
  • Azure AD、ロールベースのアクセス制御
  • コスト変動要素、料金計算ツール、予算アラート、Cost Management

可用性設計、アクセス権管理、コストあたりはサービス問わず重要な分野です。(あとセキュリティもですがキリがないので省略)

中でも効果がわかりやすいコストに関しては強く意識しておくことをオススメします。コスト削減に関する提案は社内であっても顧客であってもウケが良いです。

逆にあまり重要でないなと感じたのは次の内容です。このあたりは必要かどうか人を選ぶので、丸暗記でOKだと思います。

  • IoT
  • ビッグデータ
  • 機械学習(AI)

2022年5月の英語版試験の改定でIoT、ビッグデータ、機械学習の内容は試験範囲から除外されました。詳細はこちらの記事をご覧ください。

【AZ-900】2022年5月の改定内容まとめ
【AZ-900】2022年5月の改定内容まとめどうも、フリーランスエンジニアのMakotoです。 2022年5月5日に、AZ-900の英語試験が改定される予定です。改定されまし...

まとめ

今回は、AZ-900に合格するまでの体験記をお話ししました。

これから合格を目指す方にとって、実務経験者の体験談はあまり参考にならなかったかもしれません。しかし、実務経験者だからこそお伝えできた内容もあったと思います。これからAZ-900の合格を目指す方のお役に立てば幸いです。

それでは、また。

Azure入門コースを見る